重要なお知らせ

本サイトの記事内容には十分な注意を払っていますが、記事作成後に行われた各保険会社の改定情報などが反映されていない場合があります。

保険加入時には必ず各保険会社のサイトで最新情報をご確認ください。

なお、詳細はサイト利用規約を御覧ください。

お願い

このサイトの個別記事ページは1カラム構成としています。

サイト内検索・カテゴリー検索・最新記事情報などは各ページの最下部に表示されますのでご利用ください。

【一括見積もり】自動車保険の一括見積もりサイトは使った方がいいの?

自動車保険の一括見積もりサイトを使うと、どんなメリットやデメリットがあり、実際のところ使った方がいいのだろうかという部分があると思います。

私は自動車保険の一括見積もりサイトは使うべきですし、むしろ積極的に使うべきと考えてします。

この記事で少し解説しますね。

自動車保険の一括見積もりサイトのメリット

自動車保険の一括見積もりサイトのメリットについては、たくさんの事柄を書いているサイトもあるのですが、大きくは三点です。

1)複数自動車保険会社の個別見積もりサイトで利用できる「IDとパスワード」が自動生成されますので、個別の保険会社で詳細見積もりがすぐに作成できます。

いちいち自分で各保険会社の個別IDを作成するよりも大幅に手間が省けます。

2)あなたの希望条件で、各保険会社の大まかな保険料が一度に5~20社分程度わかりますので、保険料が安い保険会社を見つけやすい部分があります。

ただし、落とし穴的な部分もありますので注意が必要です。

少なくとも、このサイトの記事「 自動車保険の注意点・留意点まとめ」は読むようにしてくださいね。

3)キャンペーンや景品がゲットできることがあります。

自動車保険の一括見積りサイトで、契約特典として商品券やグルメなどをプレゼントしていることが多いです。(ギフト券、アイスクリームやフライドチキンなど)

また、一括見積りサイトを利用をすると適用されるキャンペーンが開催されていることもあります。

自動車保険の一括見積もりサイトのデメリット

デメリットも主なもの三点を挙げておきます。

特に三番目の「各保険会社の保険料の単純比較ができない(全く同一条件での見積もりが返ってくるとは限らない。」という点には注意が必要です。

1)見積もり後に大量の勧誘メールやハガキが来る場合がある。

引っ越しや車査定などの一括見積もりほどしつこかったり大量のメールなどが来ることはありませんが、やはりメールや郵送による資料などは送られてきます。

用が済んだ後はメールの配信停止をしたり、最初から見積もり用のメアドを作って利用するなどしましょう。

2)各一括見積もりサイトが提携している保険会社の見積もりしかできあがってこない。

インターネットで自動車保険を販売している会社は約50社程度あるといわれています。全社の見積もりがとれるわけではありません。

3)各保険会社の保険料の単純比較ができない(全く同一条件での見積もりが返ってくるとは限らない。)

実は保険会社により大きく保険料が異なる部分があります。例えば人身傷害保険の保険料は各社で大きく異なります。

保険各社は保険料の安さを重視したプラン、補償の手厚いプランに力を入れているというような違いもあります。

保険料の安さだけで選ぶと、下手くそな内容で保険をかけてしまうことも出てくるのですが、一括見積もりサービスだと気付きにくい場合も多いです。

基本的な補償を統一しても、特約など細かい部分に隠れた違いが存在するケースは多いです。A会社では自損事故や他者運転特約があらかじめ補償の範囲内であるのに、B会社では初期状態で範囲外でその分保険料が安く見えるなど、単純に保険料を比較できない場合も多いのです。

また、保険会社によっては「10年を超えた車の車両保険は引き受けない(かけられない)」、中古車などの場合に「購入した価格を考慮してくれずに安い金額でしか車両保険をつけられない」などという場合もあるのです。

結論

私なりの結論で申し訳ないのですが、「自動車保険の一括見積もりサイトは使った方がいいの?」というよりも「むしろ積極的に使うべき」と考えています。

ただし、Webの自動車保険を利用する場合はある程度の保険の知識を学習しておくことが大事と思います。

それであっても、同内容の自動車保険を大幅に安くかけることができる可能性を無視するのは全く益のないことと思います。

なぜならば、自動車保険をWebで契約すると安くなることには「直接販売で募集コストをカットしている」というまっとうな理由があり、何か契約者が不利になるようなことを隠しているわけではないからです。

どのような内容でかけたらよいかよくわからないという場合は、今までかけていた自動車保険と同じ内容でかけるというのもよいでしょう。

どうしても自分一人で保険をかけるのが心配な場合はどうしたらよいのでしょうか?

そのような場合は、初回にかけるときに「保険の窓口」さんのように通販の保険会社を取り扱っていて対面で相談ができる業者さんを利用するのもありです。

「ディーラーさんや昔ながらの損害保険代理店で自動車保険をかけている」という場合は、一度は「インターネットで自動車保険をかけるとどのぐらい安くなるのか?」見積もってみることを強くおすすめします。

自動車保険というのは監督官庁の規制や管理が厳しいので、「ヤクザな会社」などというのはよほどのことがない限り存在できません。

ぜひ一度、見積もりを試してみてくださいね。

サイト利用の流れについて

コメントを残す